中小企業金融円滑化
  ●「キャッシュ・フロー」とは?
「キャッシュ・フロー」とは、文字通りお金の流れのことです。
一定期間(たとえば1年)に、どれくらいお金の流入(キャッシュ・イン)があり、どれくらいお金の流出(キャッシュ・アウト)があったかを見て、そのキャッシュ・インとキャッシュ・アウトの差を出すと「キャッシュ・フロー」になります。



●利益とのちがい
 たとえば、掛で商品を売った場合、損益計算書上では売上となって「収益」に上がりますが、実際にお金が入ってこなければキャッシュ・インは「0」です。つまりキャッシュ・フロー計算書では「利益は上がっているのに、現金がない」という実際の感覚に近い数値があらわれ、どこにその原因があるのかが浮き彫りになってきます。
 「利益はオピニオン、キャッシュは事実」と言われます。
 オピニオンがあっても事実が伴わなければ、企業活動は成り立ちません。

 キャッシュ・イン、キャッシュ・アウトを明確にして、「キャッシュを生み出す力」を高めましょう。
 これがキャッシュ・フロー経営なのです。

●3つのキャッシュ・フローを考える
 企業活動は、営業活動、投資活動、財務活動の三つの活動からなります。 そこでキャッシュ・フロー計算書は、この三つの活動のそれぞれについて現金の出入りを見ます。

1.営業活動によるキャッシュ・フロー
2.投資活動によるキャッシュ・フロー
3.財務活動によるキャッシュ・フロー

1.営業活動によるキャッシュ・フロー
 営業活動によるキャッシュ・フローは、仕入(製造)、販売、管理活動に伴う現金の出入りを示したものです。営業活動によるキャッシュ・フローは、当然、プラス(黒字)であることが求められます。正常な会社であれば、営業活動によってお金を稼ぐことが鉄則です。

2.投資活動によるキャッシュ・フロー
 投資活動によるキャッシュ・フローは、設備投資、有価証券投資などに伴う現金の出入りを示したものです。通常の場合、投資活動によるキャッシュ・フローは、マイナスになります。というのは、正常に事業をするためには、設備投資などの先行投資による資金の支出が必要不可欠だからです。

3.財務活動によるキャッシュ・フロー
 財務活動によるキャッシュ・フローは、借入れ/返済、社債の発行/償還、増資/減資、配当金の支払いなどに伴う資金の収支を示したものです。財務活動によるキャッシュ・フローは、プラスの場合には資金を調達したことを示し、マイナスの場合には、資金を返済したことを示しています。

では、「次へ進む」を押して(STEP1)入力フォームに進んでください。


Copyright